40代で転職する際の注意点

すべての人間に職業選択の自由があります。しかし、転職するのは一般的に若い社会人が環境や待遇の変更を求めて退社するというケースがほとんどで、中年の世代がこのような退社をすることは無謀な行動という風に捉えられます。会社が欲している人材は、主に若い人間です。人間は否応なしに老化し、脳も劣化して判断力が鈍ってきます。そうしたことを踏まえて、定年退職に近い人間をわざわざ獲得するメリットはあまりないでしょう。

もちろん年齢に関わらずあらゆる挑戦をすることは、誰にも止める権利はありません。ただその先では年下の先輩に指示され、一番下っ端の雑用からスタートするという現実を直視しなければならないことは頭に入れておくべきです。給料もこれまで積み上げてきたものが無くなり、新人としての給料になります。40代の転職はこのように一からスタートする場合は、厳しい道のりとなりあまり心地よい働き方になるケースは少ないでしょう。

中年の理想的な転職といえば、ヘッドハンティングのような形だといえるでしょう。今の会社で輝かしい成績を残し、やり残したことはないと判断した時に他の場所で自分の力を試してみたいと思うことは不思議ではありません。ヘッドハンティングされたのなら、その会社の細かなルールなどは初心者となりますが、業務内容的には引っ張っていく存在になれいます。このような形であれば今までのキャリアがゼロになることなく、給与も同程度もしくは上の数字になるので良いことだらけだといえます。

社会人経験を積んできた40代の社員は様々な能力を兼ね備えており、働き盛りであることは間違いありません。この時期の大きな判断はその後の人生を大きく左右するため、行動する際は慎重に考えるようにしましょう。40代になれば、家庭を持っている人がほとんどであるため、決して独りよがりになってはいけません。自分を含め家族を路頭に迷わせないためにも、40代以降の転職のポイントを把握しておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です